子育てお悩みドットコム

赤ちゃん・幼稚園児・保育園児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人まで様々な子育てに関する悩みについて考えます

高校生

高校生にスマホを与えるとどうなる?しっかりとルールを決めて依存症を防ごう!

投稿日:2018年4月27日 更新日:

40代の主婦で、高校生の息子がいます。中学二年生くらいに夫が勝手にスマホを与えてしまいました。
それからというもの、携帯電話をする時間がとても多くなってしまい、家族団らんの時間も減ってしまいました。

スマホがどれだけ毒なのかということを考える悩み体験談です。

スポンサードリンク

スマホを与えてしまうと子供はどうなるか

私はコンピューターゲームや携帯などを子供に与えることについて反対の意見を持っている親です。

というのは、そのようなものを与えられた子供たちにどのような変化があるかということはすでに研究されていて、大変害の多いものだということがわかっているからです。

一つは使う時間、用途など子供自身ではコントロールすることができないという理由。

一度使い慣れてしまうと手放せなくなる中毒症状が出るという理由、の二つです。

弊害については、視力低下、運動機能低下が大きく、最近では読解力の低下にもつながることがわかっています。

息子にまずコンピューターゲームが与えられたのは、息子が7歳の時でした。

これも夫が勝手に買ったのですが、早すぎたと思います。

それまでは私が常に外遊びに連れ出したりコミュニティーの中で過ごさせていたので大変活発で自然なコミュニケーションができる何にでも興味を持って活動的になれる子供でした。

スマホが与えられたのが13歳。これも早すぎたと思っています。

引き続き夫の勝手な判断からでした。この辺りから、子供の様子はすっかり変わっていきました。

スマホは一時間おきに必ずチェックをするようになり、ゲームもやりだすとなかなかやめられないようになっていきました。

常に携帯をポケットに入れておこうとしたり、私の目を盗んではゲームをしたりするようになりました。

まるでいたちごっこの毎日で、影で「おかあさんがいないときにやりなさい。」という夫の言葉に、ダメという人がいなければ使って良いものだという認識が高まっていきました。

スポンサードリンク

ルールをきちんと決めて家族会議をする

そこで、夫も含めて家族会議をすることになりました。

その状況に私が我慢できなかったからです。

私は仕事柄、3歳児から10歳児の多くの子供たちに接していて、ここ10年ほどの間にスマホ等のスクリーンを観る時間が長くなり、子供たちの健康状態が悪化していること、学力低下にもつながる危険性のあることを学んできました。

そのため、スマホは家に帰ったら必ず居間に置いておくことや、ゲームは一時間までとすることなどのルールを作って自己コントロールと自己マネジメントができるようになることを家族みんなで話しました。

又、人が集まるところでむやみに携帯を使用することがアンチソーシャルであることも説明しました。

それ以降息子のスマホやゲームに対するコントロールは良くなってきています。

【こういう記事も読まれています】

本当に必要?小学生の子どもにスマホを持たせる親の気持ち!

 

スポンサードリンク

 最後に

言うことを聞かないからしょうがない、という言葉をよく親御さんから聞きますが、それを放置しておくとどんどん中毒化していってしまいます。

きちんとルールを決め、守ること、守れない時には罰則があることなど明確なガイドラインが必要です。

大人になってもゲームはスマホ中毒の人達は大勢います。

それほど危険性があるということを今一度頭に留めておくことが必要だと思いました。

スポンサードリンク

-高校生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。