子育てお悩みドットコム

赤ちゃん・幼稚園児・保育園児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人まで様々な子育てに関する悩みについて考えます

メンタル 小学生

子育ての悩みは尽きない!子供が嘘をつく理由と原因は?親はどう接したらいいの?

投稿日:2018年4月11日 更新日:

子育ての悩みって本当に尽きませんよね。今回は子どもが嘘をつくことについて体験を踏まえてお話したいと思います。

ある程度大きくなって社会性も身に付いてきて、友達もできて仲良くしてくれる時期になるとお手伝いを進んでしてくれたりしてくれるようになります。

7歳になったばかりの長女が今ちょうどその時期です。

もうすぐ小学校に入学し、新生活の始まりです。

もともと、長女は感受性が豊かで環境の変化や行事ごとの前には体調が悪くなったりいつもと違う態度をとったり、少し妹にいじわるしてみたり…という性格です。逆に次女はなににも動じず、そして気にしないという真逆の性格です。

性格によっても子供との接し方を考えたりしないといけないので日々勉強中です。

女の子なのでお手伝いもしてくれて助かるのですが、最近長女がちょっとした嘘をつくようになりました。

その嘘への対応をかなり悩んだのですが…嘘をつく理由から考えてみました。

スポンサードリンク

子どもが「嘘をつく」ということ

子供が嘘をつくとき、それは”自分がわるいことをしてしまったかもしれない”という思いがあるからです。

後ろめたいことがあるから嘘をつきます。

長女はこの前、自分があまり好きじゃない朝ごはんがあったのでそれを私がみていない隙にゴミ箱に捨てていました。

まず、ゴミ箱に捨ててあるのをみつけたので『誰がすてたの??』と、長女以外にも聞きました。

長女以外はみんなまだ朝食を食べている途中だったので違うというのはすぐにわかったのですが、長女はもう朝食は終わり着替えていました。

長女は私じゃない!!と言い張っていましたがなんだか不安そうな表情。

これは…と思い、正直に言ってごらんと、言うと自分が捨てたと認めました。

そのとき何故すぐに自分が捨てたか言わなかったの??と叱りました。

小さな嘘でも、嘘をつくのはいけないことです。嘘をついた理由を聞くと、怒られたくなかったから…と。

でも嘘をついていると嫌な気分だったと言っていました。

このときは小さな嘘でしたが、これを見過ごしてしまい、嘘が通ると思わせてしまうと今後の友達関係や学校生活が不安でした。

嘘をついたことで、学校での友達関係がうまくいかなくなったり…女の子は特にそういったもめ事が多くなりますよね。

やっぱり、自分の子供にはいい友達をつくって沢山楽しい思い出を作ってもらいたいので、家でのケアは大事だなーと感じました。

なので叱りましたが、叱り方もどう伝えればもう嘘はついてはいけないとわかってくれるか考えました。

スポンサードリンク

子どもが嘘をついたときにお母さんができること

そこで私は対処法を考えました。怒られるのが嫌だったから嘘をついた…という言葉を聞いて、私の日々の叱り方も悪かったなーと反省しました。

叱るというよりも怒るほうが多かったのかなと思い、悪いことをしたときは何故それが悪いことなのかを教えながら言い聞かせることが大事なんだと考えました。

なぜ食べ物を粗末にしてはいけないのか。なぜ嘘をつくことは悪いことなのか。

を1から教えてあげていかないといけないなと、母親7年目にして気付きました。それでもお母さんも人間です。

感情がでてしまい何故ダメなのか何故怒ったのかを説明できるほど冷静でいられないときもありますよね。

私も4人の子供がいますがなかなかゆっくり一人ずつ向き合う時間がとれていないな…と日々反省です。

なかなかかまってあげられないから嘘をついて気を引こうとしてるのかな…と色々考えてしまいます。

嘘にも色々あり、”後ろめたいことがありつく嘘” ”持っていない物を持っているというような理想を現実にあるように言う嘘” ”自分が逃げたい状況にあるときにつく嘘” どの嘘も決してついてはいけません。

本当のことを話すって時にはとても勇気のいることだったりします。

まずは、話をする環境です。子供が話をしやすいように、目をみて話をする。

本当のことを言ってもお母さんはあなたのみかただからと、決して見放したりしないとしっかり伝えましょう。嘘を認め、本当のことを話すのはかなり勇気のいることです。

なので、しっかり話を聞ける環境を作りましょう。そのためには日々の親子関係を良くしていくことが大切です。

スポンサードリンク

まとめ

嘘をつくということについて書きましたが大事なのは、”何故嘘をつかないといけなかったのか”です。

親に心配をかけたくないからつく嘘。親への恐怖心でつく嘘。様々な嘘をつく理由があるので、まずはそこから改善していくことは大事です。

嘘をつかないといけないような状況ってかなり苦しいはずです。

正直に話をしてくれた後は”本当のことを話してくれてありがとう””偉かったね”と誉めてあげましょう。

きっと子供も嘘をついてしまい心苦しかったはずです。

子供との距離は日頃から縮めておきたいですね。お母さんも毎日忙しいとは思いますが子供とのスキンシップ、コミュニケーションを少しでもとるようにしていい
親子関係を創っていきましょう。

小さな嘘や子供の行動から読み取れる子供の心境があるはずです。大切な子供との時間を大切にしていきたいですね。

スポンサードリンク

-メンタル, 小学生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。