子育てお悩みドットコム

赤ちゃん・幼稚園児・保育園児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人まで様々な子育てに関する悩みについて考えます

マナー 小学生

家庭訪問は玄関先?それともリビング?お茶やお菓子も出すの?基本的なマナーを教えて!

投稿日:


4月に入学して、少し慣れてきた5月あたりから、家庭訪問が始まると思います。
小学校に入って初めての家庭訪問に、親も少しドキドキですよね。
家庭訪問というと、部屋に通して先生とお話してって感じですが、最近では、玄関先で軽く話を聞くだけという学校も増えているようです。

実際に玄関先と言われても、やっぱり部屋に通した方が良いのではと思いますし、おもてなしのお茶とかも出さなくてはいけないんじゃないかと、色々悩みますよね。そこで、今回は、初めての小学校の家庭訪問を間近に控えるママさんたちに、ちょっとしたマナーをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

家庭訪問で先生をどこに通す?

<家庭訪問のお手紙で特に指定がない場合>

家庭訪問に関するお便りを子供がもらってくると、思いますが、特に玄関先でなどの文章がなければ、先生を通すのは、もちろんお部屋になります。

客間や和室などがあれば、そちらに通すのが良いですが、最近ではアパートやマンション暮らしの方も多いので、リビングでも良いでしょう。

先生も普段の様子を知りたいと思ってるので、生活感が溢れているリビングに通した方が、良いという考えもあります。

また、先生を部屋にお通しする場合には、必ず上座の方へ案内するようにしましょう。
上座は、その部屋の構造にもよりますが、基本的に入り口より1番遠い場所と覚えておきましょう。

ただし、必ずしも上座じゃないとダメということはありません。
部屋の構造上、上座に座った時に、あまり見られたくないところ(キッチンや他の部屋が見えやすいなど)があるときには、下座にはなってしまいますが・・と一言加えれば、先生に下座に座ってもらうことも可能です。

<お便りに玄関でと指定があった場合>

最近では、割と玄関先でというのが多くなっていますが、玄関先でとかかれていても、まずは、先生が来たら、お部屋へどうぞっと一言かけましょう。

たいがいは、ここで(玄関)大丈夫なので・・・と言われると思いますが、声かけはマナーなので、忘れないようにしましょう。

玄関先でお話となった場合には、玄関先ですみませんと一言断りを入れてから、座布団を用意して、そこに座ってもらいましょう。

ただ、座らないで立ち話のようになった時には、自分は玄関先で正座をするか、先生より少し目線が低くなる位置でお話をすることが好ましいでしょう。

スポンサードリンク

家庭訪問でお茶やお菓子などに関するマナー


家庭訪問では、お茶やお菓子はご遠慮下さいと前もって通知してあることが多いですが、用意しておくのがマナーです。

ただし、お茶やお菓子を用意しても先生達は、ほとんど手をつけないというのが現状です。

家庭訪問では、複数の生徒の家に回りますし、毎回食べたり飲んだりしたら、先生も大変ですし、あるいは、あの家では食べたのに、こっちの家では食べなかったなど、クレーム問題にも発展することがあるらしいので、先生も学校側から徹底して飲食はしないと指導されているようです。

ですので、用意したとしても、お茶と、個包装になっているお菓子などにしておくと、先生が手をつけなくても、後々まで取っておけるのでオススメです。

スポンサードリンク

まとめ

家庭訪問は、その地域や学校の方針でも少し違ってきます。

お手紙で玄関先でとか、お茶は不要ですとかかかれていると、本当にその通りで大丈夫か心配になってきますが、声かけのマナーだけは忘れずにしておけば案外大丈夫だったりしますし、もし不安なら先輩ママにアドバイスを求めてみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

-マナー, 小学生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。