子育てお悩みドットコム

赤ちゃん・幼稚園児・保育園児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人まで様々な子育てに関する悩みについて考えます

幼稚園・保育園

2歳の子供がどもりながら話す…原因はストレス?治すために取り組んだ方法とは?

投稿日:


私は現在、小学5年生の息子を育てています。
息子は3歳から5歳まで3年保育の幼稚園に通っていたのですが、かなり言葉のどもりがありました。

私は当時気になって仕方がありませんでした。小学5年生になった今は全くどもっていません。
当時の息子の様子や、私が試してみて良かった事を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

幼稚園に入園した頃に始まったどもり

息子は2歳頃から徐々に単語を話すようになり、意志疎通はできていましたが、周りの子供に比べて話すのは遅かったです。

それでも、少しずつ2語文を話すようになり、たどたどしくも会話ができるようになっていきました。

幼稚園に入園する事になり、だいたいの事は喋れるようになってきてはいたのですが、その頃からどもりが際立つようになりました。

「ぼくが、が、が、がー、こうえんで、で、でー、あそんだとき、き、き」

のように語尾を何度も繰り返す話し方をするようになったのです。

一生懸命話したい、伝えたいと思っている時ほど、焦ってどもっているような感じでした

私は息子のどもりを非常に心配して、保健師さんにみてもらいました。

その時に保健師さんに教えてもらったこと、親の心構えについて次に書こうと思います。

スポンサードリンク

ゆっくりと話を聞いてあげる

焦っている時にどもりが出やすいという事だったので、とにかくゆっくりあいづちを打ちながら、話を聞いてあげてくださいと保健師さんには言われました。

そして、正しく最後に言いなおしをしてあげてくださいと言われました。

例えば「おとうさんが、が、がー、こうえんに、に、にー、つれってってくれた、た、たー」と息子が言ってきた時は、私が「おとうさんが公園に連れっててくれたんだね。」と正しく言って聞かせました。

息子のどもりながら話す様子を見ていると、胸がしめつけられるような気持ちだったのですが、努めて気にしていない様子を保って、ゆっくりと話を聞くようにしました。

そして、話す息子の背中をさすってあげたり、手を握りながら話を聞くようにしていました。

このような事を続けていると、息子も安心して話していると感じられ、どもりも自然に減っていきました。

スポンサードリンク

絵本をたくさん読んだ

もともと息子は言葉が遅かったので、その部分も気になっていました。

私はもともと、絵本が大好きだったので、毎日寝る前は図書館から借りてきた本をたくさん読みました。

そして読んだあとは、息子とたくさんその絵本について話しました

そうするうちに、だいぶ言葉を覚えました。

息子のどもりについては、幼稚園の先生や周りの大人に話していたので、皆さんゆっくりと息子の話を聞いてくれました

お友達は、みんなまだ幼稚園で小さかったせいか、息子の喋り方については指摘はしませんでした。

どもりは本当に少しずつ治っていきました。小学生になった今は全くどもっていません

あんなに心配したのになと今では、懐かしい話ですが、ゆっくり話を聞いたり、本を読んだりした事は親子共々良い時間だったと思います。

【こういう記事も読まれています】

さいごに

どもりはすぐには治りません。しかし、息子の場合少しずつ治っていきました。

息子は長男で小さい頃は兄弟もおらず、私もそれほどおしゃべりな方ではないので、言葉を覚えるのが遅かったのではないかと今になって思います。

もし子供がどもっていても、親はゆったりと構え、温かく話を聞いてあげるのが一番なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

-幼稚園・保育園

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。