子育てお悩みドットコム

赤ちゃん・幼稚園児・保育園児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人まで様々な子育てに関する悩みについて考えます

赤ちゃん

一人っ子宣言!だけど迷う…第二子妊娠に関する葛藤

投稿日:

30代主婦です。子供は2人います。うちは5歳差です。
今では下の子が生まれてきて本当に良かったと思っています。
が、2人目懐妊するまでは私自身かなり迷い悩み、色々な葛藤がありました。
私の第二子出産までの体験をお話します。

スポンサードリンク

一人っ子宣言

上の子は超難産の末に生まれました。

自然分娩で生まれましたが、首にへその緒が3回巻き付いていたものだから、なかなか出てこれなかったようです。

赤ちゃんもお腹から外に出る意志はあるのに、首が絞められている状況なので、自分で自分の身を守っていたようなのです。何度も動くけれど、限界になるとお腹に引っ込んでしまう始末でして。

最終的には10人の先生たちにお世話になり、吸引で出てきた我が子。

先生たちからは「生命力の強いお子さんだ。こりゃ将来有望!そして簡単には死なないよ。」とおっしゃってくれましたが。

妊婦の私は、もう疲れきっていました

無事我が子にご対面するも、私は子供の顔も見ずに「終わった~やっと解放された~」と泣き叫んだものです。

陣痛3時間?分娩台は5時間の闘いでした。

旦那は立ち会っていたため、この状況を理解しています。

さて超新米ママの育児生活が始まりますが、私は燃え付き症候群のように、何もやる気が起こらない生活が始まりました

赤ちゃんは訴えがあると容赦なく泣く。たまに笑う。

私は子供が可愛いと思えず、ずっと泣いていました。

出産からのブルーがとれるまで、しばらくの時間がかかりましたが、分娩台での5時間の闘いはその後、3年間は頭から離れることはなかったです。

特に家事をしているとき、そして夢の中までも、あの時のことがフラッシュバックする。

もう過ぎたことなのに、私は経験もしたことのない不安に押しつぶされそうでした

よく「出産時は痛いけど、生むと、その痛みも忘れてしまうもの」と聞いていましたが。私には忘れられず。

遂には旦那に『一人っ子宣言』までした私。

旦那もこれには納得してくれました。

「次の子は、縁があればで。大丈夫、子供も無事元気に育ってるのだから」と支えてくれました。

スポンサードリンク

二人目は? byママ友

我が子は幼稚園に入園しました。元気に幼稚園生活がはじまりました。

バス通園してるので、バス仲間が5人できました。

みんな兄弟がいるか妊娠中のママもいて。実質的に一人っ子なのは我が家だけでした。

さすがに私の心も揺れ始めます。みんな赤ちゃん抱えてるのに、うちは大丈夫かしら。。

幼稚園入園までは「よそはよそ、うちはうち」の考えでやってきましたが。

バス仲間のご家庭を見た時に、はじめて『二人目』を意識するようになりました。

とはいえ、まだ次の出産には消極的で。複雑な思い

そんな時、ママ友に言われました。

「二人目は考えないの~?」

私は少々ムッとしながらも「まぁ、縁があればと思ってる」と言いましたが。そのママ友はアドバイスまでしてきて。

あぁ兄弟は大切なのかなと思ったのと、内心「ほっといてよ」という思い。何だか疲れました。

【こういう記事も読まれています】

スポンサードリンク

そんなこんなで二人目誕生!

上の子が年中の時に、下の子が生まれました。

妊娠中は色んな不安やら上の子との関係性やら色々ありましたが、それはまた次の機会に。

下の子の出産は、超安産!

分娩台に上がって15分後には生まれていました。

痛かったけど、あまりのスピード安産に痛みなんて吹っ飛んでいました。

「あー出産は、こんなに楽なんだ。お疲れ!」と思ってその後は爆睡。

出産は色々あって、これは私の経験談ですが。みんな色んな思いのなか子育てしてるんだなとつくづく思います。

何かの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

-赤ちゃん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。